2008年01月16日

Flickr(M)

「flickrにコメントが」

ある日、夫がそんなことを言ってきた。

flickr」とはインターネット上で写真を共有するコミュニティサイトである。
写真専門のmixiみたいなものだ(と思う)。
そこに夫が近頃、新たにページを開設したのである。

出来はともかく、一年で撮影枚数が一万枚を越えるほどの、残念を超えてもう無念な感じの夫である。
そのパッションは、『共働きコーギー』と『BIG WAVE』だけでは抑えきれなかったようだ。

何で飼われてしまったのだろう

しかし元はといえば、ブログパーツ「FLO:Q」に写真を載せたかっただけであった。
FLO:Qで表示される写真はflickrとリンクしているのである。
なのでflickrの利用方法もいまだよくわかっていない。
哀しいかなflickrは全て英語仕様なのである。
そんな圏外サイトに飛び込んだ勇気だけは褒めてあげたいと思う。
なので、夫としてはただ写真をページにアップしていくことで、それなりに満足していたようであった。

しかしflickrはコミュニティサイトである。
アップした写真ひとつひとつにコメントを入れることができるようになっている。
それで今回、その写真のひとつにコメントを頂いたわけだ。

ちなみにコメントの内容は

Look Ma , I can stand on one foot.

こちらの写真に対するものであった。

一本足走行

残念ながら(というか当然)英語であった。
しかし他ページにはドイツ語やらスペイン語やらでコメントが入っているモノもあったので、まぁある意味幸運だったともいえる。

翻訳サイトでいろいろ調べてみると、どうも

「ママ、見て!アタシってば一本足で立ってるヨ!!」

といった意味みたいである。たぶん。きっと。(←弱気)

「しかし……どういうことなんやろなコレ」

夫が不安そうな顔でいう。

「んー、おそらくやけど

 『ママ、見て!アタシってば一本足で立ってるヨ!!
  っていう声が聞こえてきそうな良い写真ですね』


 とかそんな感じのことが言いたいんちゃうかな」

「前向きな意見やな」
「この状況下で後ろ向きなコメントは入れへんやろ」
「まあ」
「で、どうするん?」
「どうしよう」
「どうしようって……そんなこといわれても」
「返事とか書くんやろか」
「まあせっかくコメントくれはったわけやしな」
「何て書こ?」

「KOMENTO ARIGATO GOZAIMASU」

「……妻さ」
「何?」
「この話題に飽きてきたやろ」
「えっ!?い、いややわぁ、そんなことあらしまへん」
「エセ京都弁になってるし」
「エセとかいうな」
「そやかてエセやろ?」
「違います。ココロに京都を抱いて育ってきたんです」
「妻、滋賀県民やんか」
「滋賀県民だからこそです」
「えー」
「埼玉の方々も、きっとココロに東京を抱いてはる」
「そうなん?」
「……知らんけど」

ココロに食欲を抱いて走る
−金沢生まれのオンナは京都のドッグランを爆走する−

途中から何の話かわからなくなったが、その後、他所様のページをいくつか拝見した結果、誰もコメントに対する返事をしていないようであった。
そのため今回のコメントは有難く拝読するにとどめる、ということに落ち着いた(←蓋をしたともいう)。

****************************************

海外の方をも魅了した(?)ハルさんの走りっぷりにどうかクリックをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ

そして、ココロに小京都を抱いていると思われた金沢生まれのコーギー、ハルさんですが、現在ではココロに食欲しか抱いていないようです。
そんな残念な(←無念ではない)犬、ハルさんに応援クリックお願いします。
banner2.gif
posted by 飼い主YとM at 00:13| 兵庫 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | Mのひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心に東京を棲まわせている彩の国の民です(笑)
千葉やら神奈川がある中で我が県をチョイス頂きありがとうございます( ̄∀ ̄)
アタイのためにわざわざ…と目頭が熱くなり、感謝の気持ちを込め我が心(怨霊?)を先ほどうろこの家方面に旅立たせましたので、近いうちにハルさんと回収しに行ってやって下さい(謎)


これからもハルさんのワールドワイドなご活躍を空っ風吹き荒む彩の国より応援致しております(o^∀^o)ガンバレ〜
Posted by あざらし at 2008年01月16日 07:55
埼玉県在住の私を含む留学仲間は出身地を聞かれると『東京』と答えてました。
滋賀県民の気持ちよく分かります。
埼玉って言ったところでわかってもらえないし…。
同じ理由で奈良の友人は『大阪』って答えてました。
コタは愛知の安城市出身だけど多分『名古屋』って答える気がします。

Posted by gao at 2008年01月16日 08:00
写真に対してのコメントじゃないとなんだか返事も書きにくいですよね。
大喜利みたいなもんかな?う〜ん(^-^;)

ニコはココロに京都を抱いてます。
なのに少しも奥ゆかしさがないのは何故?
宇治出身だからでしょうか?(笑)
Posted by ニコ村 at 2008年01月16日 17:57
ハルさん、世界デビューですね♪Vogueの表紙を飾るのも夢じゃないかもしれませんよ。

しかし返すのに悩むコメントですね(笑)。多分見た第一印象をそのまま表現して去っていかれたのかと(爆)。相手さんも恐らく返事を期待されていないと思うので、大丈夫でしょう。

ちなみに和歌山県出身の私は、ここシドニーで出身地を聞かれると「和歌山県といって、大阪や京都の南に位置する所から来てます」と、頑張って言ってますが、多分聞いてる人はWakayamaなんて長い名前は聞いた瞬間忘却の彼方に飛んでいっているんだろうな、とほとんど自己満足の世界を行っています。
Posted by Yumi at 2008年01月16日 19:49
心に京都を抱いている。
いい言葉ですね〜
そういう私も、和歌山人ですが、心に大阪を抱いているかもしれない(笑)
だって、和歌山出身って、あまり通じないんだもの…(TДT;)シクシク
それにしても、英語のコメント。
もしや、ハルさんの写真にアフレコしたかったのでは?
Posted by karu at 2008年01月17日 00:16
(*^▽^*)ノハーイ
ココロに東京を抱いている埼玉の人で〜す。
たいした名産物も有名観光地も無く、地味でダサイ(死語?)我が県名を拝見して、なんだか申し訳ないような気がしちゃいました。(何に?)
ボニーは福島県の出身なのでココロに何を抱いているのやら、さっぱりわがんねぇっす。
Posted by なお at 2008年01月17日 00:29
滋賀出身なんですかーー?

友人で滋賀出身の子で、美人がいるからか?よくしらないが、滋賀=美人の産地とあたしは思うんです。。

妻さん、全身像から察すると、美人っぽいし、美人なのね〜きっと。
Posted by はるりん at 2008年01月17日 09:02
flickrってなかみーもやってたような・・・
コメント入るなんてさすがです!!!お2人とも写真上手に撮りますもんねー
なかみーにも学んでほしい(-_-;)
Posted by トモ at 2008年01月17日 19:19
Yさんは滋賀県民なんですね。 私もそうなんです。 今は訳あって、アメリカの滋賀みたいな所に、アメリカサイズのコーギーと住んでいますが。。。 おそらく今年中に滋賀にもどることになるのですが、ひとつ問題が。 キーツは日本語が通じないんです。 全部トレーニングを英語でしたために、「おすわり」「まて」すら分かりません。 おまけに用を足す時の合図は"Go Bathroom"。 と、そのように声をかけたからといって、キーツが洗面所へいそいそと歩いていくわけではなく、もちろん「野」で用を足すのですが。 さらに英語なら通じるかというとそういうわけでもなく、"Are you happy?"と尋ねると首を左右どちらかにキュッとかしげたままこちらを見つめます。 言語の壁があるにせよ、気分の悪い男です。
Posted by キーツの飼い主 at 2008年01月18日 04:16
いつもながらコメントがたいへん遅くなって申し訳ありません……。

■■あざらしさん
ということは、千葉や神奈川の方も
やっぱり心に東京を抱いてはるんですね〜なるほど。
とりあえずハルさんの鼻をたよりに
アザラシさんのハートをゲットしに行きます。
……ハルさんにそんなコトできるんだろうか……。

■■gaoさん
あぁその気持ち、とってもよくわかります。
「滋賀県」も殆ど通じないので
私の場合、たいていの場合は「京都」または「琵琶湖」ですね。
「京都」にも「琵琶湖」にも住んでいませんが仕方がありません。
要点が伝わればいいんです、要点が!……うぅ哀しい。

■■ニコ村さん
我が家では大喜利のような気の利いた返事を返せる人も、
それを英語に変換できる人も、残念ながらいませんでした。
ニコちゃんは宇治なのですから、
ココロだけでなくカラダも京都犬ですね。
羨ましい……(←遠い目)。

■■Yumiさん
実はこの記事でなにより恐れていたのが
「共働き夫婦、英語の意味間違ってんじゃん(プピッ)」
というオチでしたが、Yumiさんからとくにお叱りの
お言葉がないということは、きっとそこそこには
正しい意味だったんですね……ヨカッタ……。
和歌山は私の中ではそれなりにメジャーですが、
シドニーで説明するのはむずかしそうですね。
「滋賀県」はもちろん通じないでしょうが、
「琵琶湖」も通じなさそうです(ションボリ)。

■■ karuさん
和歌山の方は大阪をココロに抱いているのですね〜。
そういえば和歌山に住む親戚も、遊び場は大阪だと
言っていたような気がします。
コメントはいつも頂くのがとても嬉しいんですが、
今回ばかりは困りました……。

■■なおさん
そんなことないですよ!
埼玉には浦和レッズがあるじゃないですか!
浦和レッズの試合をみるたびに、
埼玉の方の熱いソウルを感じます。
ボニーちゃんは福島なのですね。
福島の方って何(どこ)をココロに抱いているんでしょう。
聞いてみたいです〜。

■■はるりんさん
いいえ(断言)。
滋賀にも美人がたくさんいらっしゃると思いますが、
とりあえず私はダメでした(ションボリ)。
美肌効果があるという琵琶湖疏水も効き目ナシです(←大嘘)。
美人の産地ってどこなんでしょうね〜。
私のイメージでは東北のどこか、ってとこでしょうか(←適当)。

■■トモさん
そんな!なかみーさん、素敵な写真を撮られると思いますよ!
実はFLO:Qには他の写真サイトも選べたんですが、
flickr、なかみーさんがやってるのをみて
夫はこれにしようと思ったみたいです〜。

■■キーツの飼い主さん
アメリカの滋賀みたいなところ……
とりあえず
1.田舎である
2.大きな湖がある
そんな場所だと考えてよろしいでしょうか。
というかキーツの飼い主さん、アメリカ在住なのですね。
"Are you happy?"と尋ねるって、なんだかカッコイイです。
今度ぜひワタクシもやってみたいと思います。
……たぶん、無反応でしょうが(涙)。
Posted by 飼い主M at 2008年01月25日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78754697

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。