2007年07月05日

ヅカ動乱−驚愕のパピ族−(M)

さて今回はパピ族の話である。

モモ走ります!』のモモちゃんと『パピヨンとの生活』のモカちゃん。
淡路島以来の再会であるが、おそらくはこの日、目の前で繰り広げられる謎の尻交流会の恐怖に繊細なハートを打ち震わせていたことと思う。

通信中


それにつけてもパピ族は愛くるしい。
愛されるために生まれてきた、という言葉はまさしく彼女たちのためにある。

ヘバっても愛らしい

一緒に旅をされた「あずき屋」のかおりんさんが、

「ワタクシ、この旅行中にパピヨンズの(とゆーか、その飼い主たちの)真の恐ろしさを思い知ることになるのです。」

と書いておられるように、ちっちさんとMOCOさん、お二人の飼い主様たちの行動は(一介のコギ飼いから見ると)まことに驚くべきものであったが、それもこれもパピ族があまりに可愛いからなのだろう。

ちっちさんが

「兄ちゃんたちにおみやげ見てきますね!」

といって併設のペットショップに出かけた数十分後、モモちゃん用のキャリーバッグ付きでお帰りになったのも、

あまりに自然な流れでしばらく気づきませんでしたよ!

MOCOさんがその新品のキャリーバックに、早速モカちゃんを押し込む入れてあげようとしていたのも、

恐るべし彦麻呂……じゃなかったMOCOさん

パピヨンズ揉め事中(←不本意)

パピ族の魔力に魅入られているからに違いない。たぶん。

ところでちっちさんもMOCOさんもデジイチシスターズである。
前々から思っていたのだが、お二人ともカメラの腕が素晴らしい。
今回もハルさんをたくさん撮影していただいた。

モカちゃんとのツーショット。
右手が気を許していない感じだ

実はハルさんの迷子札はMOCOさんにいただいたものである。
なので、おこがましくもモカちゃんとおそろいだったりする。
首まわりのサイズは相当違うが(テヘ)。

モモちゃんもモカちゃんも、きっとハッキリ迷惑だったと思うが、MOCOさんの

「モカ!マテ! 絶っっ対に マテ!!!」

という、手のひらから電磁波的なモノが出そうな気合の入ったマテにしぶしぶ並んでくれる。

パピヨンズ現実逃避中

だが、こんなケツ毛が長く足の短い謎の生物の横には、そうそういられるものではないらしく、

女豹姿が悲しい

こっそりとその場を離れるパピヨンズであった。

その後、モカちゃんの分身「もーしゃん」を頭に乗せていただいたのだが、(撮影が終わったという意味で)ヨシ!といった途端、ハルさん、もーしゃんにぱっくりと襲い掛かってしまう(涙)。

普通の犬は匂いで食べ物じゃないと判断できるハズだが……

普段、鼻の上だの頭の上だの足の上だのにオヤツをのせて遊んで訓練していたのが災いしたのだろう。
MOCOさん、もーしゃん、ごめんなさい。
もーしゃんからクネクネしたクリーム色の毛が生えてきたらすぐにお知らせください。早め早めの対応が鍵になりますんで!(←何の?)

こうしていろいろと撮影会が行われているあいだ、実はある志を抱いて暗躍していた人間がいた。
まあ、なんというか、夫だ(←投げやり)。

「俺はモモちゃんを撮る!ナイスに!!」

というのが今回の彼のひそやかな野望であったらしい。

家で写真を見ていると、尻神様が多いのはまあ仕方がないとして(←そうか?)、とにかく多かったのが

モモちゃんの失敗写真
ブレる舌長ショット

モモちゃんらしき黒い物体が目の前をかすめている写真が次から次へと出てくるのだ。
どうも途中から段々意地になってきたらしく、後半は連写が続く。
が、これがまた見事に連続で失敗しているのである。
写真を見ながら夫がグズグズ言う。

「パピヨンは動きが速いねん」
「モモちゃんはとくに顔が黒やから」
「なんかこんなん(↓)いわれたし」

蝶のように舞い、蜂のように刺す

最後の一言は完全な被害妄想だが、まあとにかく夫と二人、あらためてちっちさんのカメラの腕に感服したわけである。

夫はカフェでもなんとかモモちゃんに気に入られようと、あの手この手でがんばったが(←ちっちさんから切り札チーズまでもらったらしい)、結局モモちゃんの心の扉が開くことはなかった。

しかしよくよく聞いてみると、モモちゃんの口とほぼ同じくらいのチーズを丸々食べさせていたという。
無敵の消化液(ヨダレ)を持つコギならともかく、貴婦人の犬パピヨンにとっては、なんだかもう罰ゲームに近い感じだ。
後になって

「アレは小さく分けて与えるもんやったんやなー。
 ついついハルと同じ感覚でポイッとあげてしもた」

と反省していたが、大好きなチーズをまるで罰ゲームのようなやり方で食べさせられたモモちゃんが、これから先、寄り添ってきてくれることはないだろう。
夫……不憫な人だ。まあ次はおっさん臭のしないワタクシに任せていただこうフフフフ(←妄想中)。

まあそれはともかく、パピヨンズはほんとうに可愛かった。
いつも10キロの生き物を抱いている私たちにとって
2キロ少々のワンコのなんと軽かったことか。

……あぁハルさんもカバンに入ればいいのに(←叶わぬ夢)。

****************************************

可憐なパピ族に感化されたハルさんがいつの日かカバンに入るくらいに変化するようテチッと応援クリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログへ

ヅカ動乱記もいよいよ次で最終回の予定です。早く読みたい人も、もうエエわと思っている人も、こちらのクリックお願いします。

banner2.gif



posted by 飼い主YとM at 18:55| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ヅカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!!これが噂の「不動の女豹」ポーズですね!!凄い!パピズの動作に全く影響を受けること無くちょっぴり左に構えた状態の同じ姿勢!!同じ表情!!

す・・・凄い、凄すぎます。

ところで・・・ハルさんのケツ毛ですが、若干短くなりました?
一枚目の写真で「あん?!ちょっと短い?」とケツ毛センサーが働いたのですが・・・・
Posted by nau at 2007年07月05日 20:24
私もたまにアイン君がかばんに入ればいいのにと思います。
無理やり旅行かばんに入れてみましたけど。
もちろん玉砕しましたけど。
Posted by アインママ at 2007年07月05日 21:40
こんばんは!
凄ーーーい!豪華メンバー大集結ですね!!
知っていれば、私もはるかを連れて馳せ参じたかったです・・・(涙)。

え?コギにかばんって叶わぬ夢ですか???
私はさくらをかばんに入れてフツーにお出掛けしてましたが・・・。
まぁ、、、さくらは適正体重が11sの大きめ♀コギ、私の肩が壊れそうと毎回思ってましたが(笑)。
愛があれば何とかなるもんです!
さくらにとってかばんは安心する場所らしく、出先で疲れたらいつもかばんに入ってうとうと寝てましたよ〜♪
周囲からの注目も結構ありました。(そりゃ、コギさんがちまっ≠ニかばんに入ってたら、かわい、珍し、ビックリするかも:笑)

あ、そうだ!今は携帯の画像しかないんですが、証拠写真(?)としてメールで送ってもいいですか?



Posted by みぃあ at 2007年07月06日 00:56
モカちゃんの分身『もーしゃん』を見て、なるほどオーナーは、あの『小春さん』の作者である天才アーティストの方だったんだと思い出しました。
これもモカちゃんの毛で作製したんだろうなと思うと感心です。
当分は小春さんをカバンに入れるしかないですね!



Posted by sakura at 2007年07月06日 01:18
コギ族は尻でナニを通信しているのか。
知りたいですね、尻だけに。(うわー、寒っ!)

アタシも普段9キロの生き物を抱えているので、パピ等の小型犬を抱っこすると、あまりの軽さと可憐さに挙動不審になります。
そんなコギ族をカバンに入れて持ち歩いたら『何かの罰ゲーム』のようになるに違いありませんね〜。
Posted by なお at 2007年07月06日 11:55
こんにちは。

コメント欄への書き込み大変申し訳ありません。

今回は、ブログのアクセスアップや応援をする
ブログ登録サイトオープンのお知らせで、ご訪
問させていただきました。

ランキングやマッチング検索など、同じ趣味、
価値観の多くの人たちに自分のブログを知って
もらうことができます。他にもいろいろあり
ますので是非、ご登録してみて下さいね。

詳しくはこちらを
http://www.fivestyle.biz/info/guidance

-----------------------------------------
ファイブスタイル
http://www.fivestyle.biz
-----------------------------------------
Posted by ブログ応援 ファイブスタイル at 2007年07月06日 14:39
おっさん臭・・・
モモちゃん、鼻がめっちゃ利くんやねぇ〜
そりゃ離れたくな・・・
ってYさんにおっさん臭なんて。
あんなアーバンライフを満喫されてるYさんが、そんなまさかねぇ。
モモちゃんの写真は難易度高いですよね。黒い顔で動きもすばしっこい。
そのコツを完全に掌握しているちっちさんはすばらしいの一言。

気のせいか、女豹&フセをするハルさんの顔がまったく変わっていないのでは・・・
そこまでプロフェッショナルなフセをするハルさん、ステキやん!
Posted by glymax at 2007年07月07日 02:27
■■nauさん
この日、パピヨンズは何度もこの巨大生物(パピヨン的に)の横に並ばされ、
ほんとうにタイヘンそうでした。
いねちゃんもきっとこっそり逃げ出してしまうでしょうね……うぅ……。
しかしさすが素晴らしい感度のセンサーをお持ちですね!
その通り!夏バージョンは長さが半分になるのです!(←どうでもいい情報)

■■アインママさん
果敢にもチャレンジされたのですね。素晴らしい!
私は入れる前にカバンと横並びにしてみて
「……フー(ため息)」
こっそりカバンをしまいました(涙)。

■■みぃあさん
11キロを肩から担ぐとは……まさに愛がないとできない芸当ですね。
私は普段、ムダにカバンが重いタイプなのですが、11キロとなると
目的地に着く前に行き倒れそうです。
でもカバンに入った姿、かわいいだろうなぁ。
メール送っていただけるなら嬉しいですが、
せっかくですし、みぃあさんのブログで紹介していただきたいかもです。
迷えるコギ飼いの希望の星として!

■■sakuraさん
「もーしゃん」の作者さまと「小春さん」の作者さまは別の方でございます〜。
(sakuraさんはもうご存知かと思いますが、一応書いておきますね)
しかし世の中にはアーティスティックな才能に溢れた方が、結構いらっしゃるのですね。
その爪の垢をわけて欲しいです……。
たしかに小春さんなら簡単にカバンに入りますね。
ぴょこっとカバンから顔が見えているとかわいいかもです。

■■なおさん
2行目読んだところで、椅子からガラガラゴットンと転げておきましたんで!(←吉本新喜劇好き)
モカちゃんを何度か抱かせていただいたのですが、
たしかに私もだいぶキョドってましたね〜。
飼い主さんが横にいなければアヤシイ人物として通報されそうでした(テヘ)。

■■ファイブスタイルさん
コメントありがとうございます。
検討させていただきます。

■■glymaxさん
そうなんですよ、モモちゃんは鼻がとっても利く……いやいやいやいや。
ここで私までこういうことを言い出すと、これからの夫婦生活に
差しさわりがでるのでこの辺で止めておきます。
しかしモモちゃんはホント難しいみたいですね〜。ちっちさん、すごいです!
Posted by 飼い主M at 2007年07月13日 15:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック