2007年06月30日

ケツ毛炎上(Y)

話は、数週間前、東京シティに住まうあるブロガーの方から、一通の脅迫メールが送られてきた時点まで遡る。
今思えば、このとき既にハルさんのケツ毛に火が付いていたのかもしれない・・・。

ある意味炎上

そのメールは

(ババンババンバンバン)
メシは食った
(ババンババンバンバン)
風呂にも入った
(ババンババンバンバン)
歯を磨いた
(ババンババンバンバン)
だからケツ毛を差し出せーーー!!

という内容であった。
(90%はフィクションです)

これは酢豚にパイナップルが入っているのと同じくらいショッキングな中身である。
「今って平成やんな?」
と夫婦で確認しあってみたが、断ったら香港に売り飛ばされそうなので、泣きながらハルさんのボボ毛をブラシでこそぎ取り、某ブロガー様に送った。

そして先日、ただの綿飴のようであったボボ毛は、偉大なアーティスト様の手によって命を吹き込まれ、我が家に帰還を果たしたのである。

ツーショット完成

そう、いわゆるフリースドッグというのを、わざわざ作って下さったのだ。
フリースドッグとしての完成度が素晴らしいのはもちろんのことだが、驚きはそれだけにとどまらなかった。ハルさんが使用しているフードボウルのミニチュアや、MOCOさんに頂いたネームプレートのレプリカまで作られていたのである。
不器用な飼い主夫婦は感激の嵐に包まれた。

似ている・・・

製作者様によって「小春さん」と名づけられたミニハルさんを目の前にして、飼い主夫婦は思った。
この某ブロガー様の前世は、まちがいなく芸術家だと。今も心に芸術家の魂を宿しているのだ。芸術とは爆発であり、爆発した魂が炎のように芸術家の手を動かすのだろう。

私たちが、燃え盛る炎のような小春さんのケツ毛に感動を覚えてしまうのは、きっとそこにアートがあるからに違いない。

ケツ毛炎上

なお、ケツ毛の存在感で本家のハルさんを一蹴してしまう炎のフリースドッグ、小春さんを作成してくださった某アーティストとは、「やまとなでしこ[パピヨンレディー・いねの成長記]」を書いておられるnauさんでした。
nauさん、本当にありがとうございました。
そして、今夜はアートに乾杯!

ケツ毛onケツ毛

****************************************

小春さんが放つあまりのオーラ(というかケツ毛)に存在感を失いつつハルさんにどうか応援クリックを。

にほんブログ村 犬ブログへ

そして、こちらをクリックすると小春さんのケツ毛がさらに伸びるかもしれません。

banner2.gif

朝起きてみたら、小春さんのケツ毛が長さ数メートルに達しているかも・・・・・・。
怖っ!
posted by 飼い主YとM at 01:51| 兵庫 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(*≧▽≦)すごい!
かわいいうえにボウルにボボ毛まで!!!
うわー!これはすごいです!ヾ(´▽`*)ノ
すばらしいですねーw今日はもうひたすら感動させていただきましたw
記事を読まさせていただいているこちらまで楽しい気分なりました^^

では子ボボが伸びるようにテチッとw
Posted by happy_the_corgi at 2007年06月30日 14:22
すごぉ〜〜〜い!!
小道具まで精巧に再現されていますね!
お皿の模様が一緒なのがすごいです(**)
この芸の細やかなこと!
小春さんもやっぱりボボ毛♪
最後の写真、よくハルさんおとなしくしていますね〜。
やはり圧政のなせる業ですか??

Posted by ぴっぴ at 2007年06月30日 20:55
素晴らしい!!
ハルさんのボボ毛がこんな素敵な小春さんに変身??
いいな〜うらやましい〜〜〜!!
ハルさんの「何かしら?」という顔がたまらなく可愛い〜〜!!
ハルさんのボボ毛が伸びると信じてポチっ♪
Posted by karu at 2007年06月30日 23:13
サイコー傑作!!!
あまりに素晴らしく涙がでました〜。
うちのチビが成長したら、無理矢理でも毛をむしり取って作っていただきたいくらいです。
Posted by sakura at 2007年07月01日 00:43
すっごい似てる〜ちょっと感動しましたよ。
ケツ毛に。
それだけでハルさんってわかります。
よく出来てますよね〜顔も体も足の短さも尻毛のボンバーぶりも。
ドッグタグやフードボールまであるなんて!
しかも、1枚目の写真でも感動させていただきましたよ。
ブログを開いた瞬間、もののコンマ1秒でワカ姐さんと分かった後の、ハルさんのケツ毛。
どないしたらあんな爆発するんでしょうか?
それだけで十分ハルさんだと分かってしまうなんて、なんてアイデンティティー
Posted by glymax at 2007年07月01日 23:29
ケツ毛onケツ毛・・・さぞかし小春さんも母の温もりを感じて幸せだったことでしょう・・・。
小春よ、幸せに・・・・(感涙にむせぶ)

芸が細かいついでにもう一つ。
実は密かにケツ毛が伸びるような仕掛けを施してあるのです。数年後には10センチ位まで伸びている予定ですのでよろしくお願いします。

(99%はフィクションです)
Posted by nau at 2007年07月02日 12:19
めちゃめちゃ凄い!
感動だよ〜
ボウルまで・・・(笑)
可愛いねぇ。
Posted by Bebe at 2007年07月02日 21:37
★happy the corgiさん
凄いですよね。
こういうのを作れるのって、やっぱり何らかの才能が必要ではないかと。
そして作っていただけるというのも有難い話です。
え?ボボ毛が伸びるように?
小ボボが伸びるとちょっと怖いんですが・・・。

★ぴっぴさん
凄いです。正にアートです。
ここまでディティールにこだわったフリースドッグというのはそうないと思います。
ボボ毛にはとっても熱いソウルを感じますし^^
最後の写真、下にいるのはハルのフリースドッグ(大)ですよ。
え?

★karuさん
ただのボボ毛から、こんなに素晴らしいものが出来るなんて、さすが21世紀。
時代は進んだものです。
あ、でも、これ以上ボボ毛が伸びても飼い主としては扱いずらかったりするんですが・・・。
できれば、抜け毛のないコギさんになってもらいたいものです(←無理)。

★sakuraさん
こういうのを作れるって本当に凄いと思います。
細かい小道具までバッチリだし、某ブロガー様には感謝してもしきれません。
プラムちゃんが成長したら、ムリヤリ抜かなくても、嫌でも抜け毛が溢れてきますから、ご心配(?)なく。

★glymaxさん
え?似てるってケツ毛が!?
いや、ほんまもんはここまでボーボーではないと思っているんですが、飼い主の気のせいなんでしょうか。
てっきり、nauさんの熱き魂が創作したものだと思っていたのです。
しかし、ここまで断言されると、「裸の王様」の話を思い出さずにおられませんよ。

★nauさん
小春さんは今、暖かい母の胸の中、もといテレビボードに鎮座されておられます。
これから大事にさせてもらいますねー。
本当にありがとうございました。
ただ、日本人形的な最後の仕掛けと1%の可能性が気になります・・・。
伸びてきたらまた記事にさせてもらいますね。
Posted by Y at 2007年07月02日 22:31
カワイイ!すごいですね!!
ホントにハルさんのケツ毛を使ってるんですよね
モッハモハ具合も再現されてて言うことなしですね♪
量産の暁には、YさんもMさんも左うちわですよ^^
Posted by チャコタママ at 2007年07月02日 23:48
★Bebeさん
凄いですよね。
アートとは人の心を感動させるものだと再認識しました。
ボウルもネームプレトも素晴らしい出来栄えでしたよ。

★チャコタママさん
このフリースドッグ、一体何がどうなっているのかド素人にはさっぱり分かりませんが、ボボ毛はしっかり使われているようです。
え?左うちわ?
それなら、思い切って100万個作成しちゃいますか!

・・・・・・破産確定。
Posted by at 2007年07月05日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46238310

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。