2007年06月08日

One more time, One more chance(Y)

ハルさんがいかに鈍感な犬であるかについては、今までに数限りなく語ってきた。
特に、飼い主の片割れを駅へ迎えに行った際に、どれほど気がつくのが遅いかについては、過去記事を読み返してみると3度も書いている。

過去記事その1

過去記事その2

過去記事その3

そんなに書きまくらなくても

それほど飼い主としてはハルさんの鈍さに対してやるせない思いを抱いていたのであるが、ハルさんもやはり生物である。
駅への出迎えを繰り返しているうちに、いつどこで飼い主に出会うか分からない、ということを学習したのであろう。
飼い主に似たシルエットの人影を見つけると、ジッと穴の開くほど注意深く観察するようになった。

もう騙されないわ

もちろん、鈍感犬のことだから全くの他人を飼い主と間違えて走り出そうとすることも度々だが、このハルさんの努力(?)の甲斐あって、飼い主をスルーする率はガクンと低下したのである。

しかし、こうなると面白くないのが飼い主のほうである。
なぜ?と思われるかもしれない。
愛犬が賢くなったのならいいじゃないかと。
もちろん、愛犬が飼い主の姿を見つけて走りよってくる様が飼い主冥利につきることは確かである。
ところが、ハルさんときたら、自分の力で飼い主の姿を見つけた時は、その後の逢瀬の時間が短いのだ。

巡り合う

時間にしてみると、

「あら、お帰りなさい。私ったらこんなに早く飼い主の姿を見つけちゃうなんて、天才じゃないのかしら。ねえ、そう思わない?ウフ」

↑のセリフを音読みしたくらいの時間を経過すると、最後の「ウフ」のタイミングで飼い主の足元を離れ、周囲の匂いを嗅ぎだす。

ひまわりの匂いがするわ

本当にその鼻で匂いが嗅げているかどうか知れたものではないし、そもそも飼い主の姿を見つけるまでに数限りない誤爆をしているのだから、それほど偉ぶるものでもないと思うのだが、自力で飼い主を見つけた時のハルさんの対応はなんだかそっけない。

だが。
飼い主の姿に目が止まらずスルーしてしまった時のハルさんの対応は、自力で発見した時と比べると数十倍の熱烈さである。

逃げる飼い主、追う飼い犬

「いやいやいやいや。ちょっとちょっとちょっと、もしかして私が飼い主の姿を見過ごしたとか思ってない?まさか、そんなことあるわけないじゃない!私は犬よ、犬。聴覚はヒトの4倍、嗅覚に至ってはヒトの1億倍もある犬なのよ。そんな私が華麗にスルーしてしまうなんてことはありえないのよ。え?食欲だけはヒトの1兆倍あるって?何言ってんのかしら?冗談は顔だけにしてほしいわ」

↑を音読みしたくらいの時間、飼い主にまとわりついた後、ブルブルと体を振って気を静めたかと思うと、

またもや寄ってくる。

見つけたわ。私が見つけたのよ

「ねえねえ。なんだか最近、あなたたちがわざと私に見つからないように姿を隠しているような気がするのよ。いや、もちろん、姿が見えなくたって私は犬だから、どこに隠れていてもたちどころに見つけてしまうのよ。でも、おかしいと思わない?こんなに可愛い愛犬が迎えに来ているというのに、わざわざ姿を隠すなんて。おかげで今日は通りすぎてしまっ・・・・・・、いや、通りすぎるフリをしちゃったじゃないの。そうそう、フリをしただけなの。私って、こう見えて演技派と言われているよ。ねえねえ。どうして『今日はよう見つけんかった』とか『お馬鹿』とか言ってるのよ?こんなに甘えてやっているのに、おかしいわね。もうちょっと媚びといたほうがいいのかしら?仕方がないわね。ホラ、お尻よ。桃尻よ。いっぱい撫でて今日のことは忘れてよね」

これくらいやっとけばバレないかしら

↑のセリフの中には「桃尻」とか不適切な表現が含まれているが、これくらいの長時間、ハルさんは飼い主にべったりしてくるのである。
実際、これほどまでに、ハルさんに見つかった時(←既にこの表現が不自然だが)と、見つからなかった時の歓待ぶりが異なるのだ。
折角、迎えに来てもらったからには目一杯甘えて欲しいのが飼い主心というものである。

こうして、飼い主達はなんとかしてハルさんに発見されまいと、電柱の影に隠れたり、人ごみに紛れたり、他人のフリをしたりと、様々な方法を駆使してハルさんの前を通りすぎようと試みるようになってしまった。

果たしてこの向こうには?

対するハルさんはというと・・・・・・、

いつでも探しているよ。どっかに飼い主の姿を。

公園の中、

これはあり得る

路地裏の溝、

ここはないやろ

そんなとこにいるはずもないのに・・・・・・。

にほんブログ村 犬ブログへ

****************************************

飼い主はますます奇怪な行動に走り、ハルさんは通り過ぎる人々を穴の開くほど見つめる・・・、この不毛な戦いを終えるために、テチッとクリックお願いします。

banner2.gif

そしてますます感度を上げているハルセンサーに、どうか賞賛のテチを。


posted by 飼い主YとM at 01:31| 兵庫 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | ハル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハルさんのセンサーがどんどん高感度になってきているなんて、なんて憂しいことなんでしょうか!
もう憂しくて憂しくて、隠れてしまいたくなりますよね。
ついでにどんどん行動が怪しくなってきてますね。ハルさんも飼い主さんも・・・
体スリスリしてほしいなぁ〜
階段の前で佇むハルさんの写真が、どうにもアイフルのCMの竹○に見えてしかたない・・・
めっちゃ綺麗な写真ですけどねっ♪
Posted by glymax at 2007年06月08日 02:19
誤魔化してる・・・
ハルさん、誤魔化してるよ。
大歓迎すれば喜ぶ事を知ってるなんて、
ハルさん、賢いじゃないですか!!
Posted by アインママ at 2007年06月08日 09:05
ハルさん、セリフが長いよ…。
いや、でもこの誤魔化し方は秀逸ですなあ。
わんこ好きなら誰でも誤魔化されてしまうでしょう。
桃尻が実はボボ尻であったとしても、何の問題もないです!
ああ、尻に触りて〜。
Posted by かおりん at 2007年06月08日 11:10
まさよしくんに被らせるあたりが、私のツボです(^o^*)
ふふふふふふふ。
路地裏の溝‥にいたらコエーよ‥ぷっ。
Posted by じゅん at 2007年06月08日 12:57
意外とこれは知能遊びになってたりして!
メスの方がこういうリアクション多いかもしれませんね。うちのチビも大きくなったらこういう態度をとりそうです。
オスだと結構『無邪気系おバカ』で真っ直ぐなリアクションが多いかも(我が家のワンコの場合ですが)。

Posted by sakura at 2007年06月08日 14:51
ハルさんってば、なんてステキなんでしょう。
ステキ過ぎてボボ尻に顔をうずめたくなります。
コギってこんな風にステキな性格の子が多いのかしら?
我が家のボニーも先代犬に比べると、かなりステキな子です。

ところで、突然ですがブログを引越ししました。
新ブログのURLはコチラ↓になります。
<A href=http://3colormm.blog91.fc2.com/>http://3colormm.blog91.fc2.com/</A>
お手数をおかけしますがリンクの変更をお願いします。
Posted by なお at 2007年06月08日 22:13
いつ見ても、ハルちゃんのボボ尻がたまりません!
うちの子のボボ尻は伸びてきた頃に、なんの相談もなく、突然オヤジさんにカットされていたりして!!というショッキングな出来事があるのであります。
ハルさんのボボ尻に憧れております。
Posted by kaokao at 2007年06月10日 17:03
ハルさんのご挨拶は短めですか…。
ウチもめちゃめちゃ短いんですよ…。
一瞬だけ膝の上に乗って「お帰り」のヒト舐めの後は、さっさとどっかいっちゃいます…。
もちょっと何かないのかと淋しく後姿を見送る日々です…(> <)
Posted by at 2007年06月11日 23:49
★glymaxさん
何だか最近では飼い主より先に相方を見つけてしまう、なんてこともあるくらい感度はうなぎのぼりに上昇しています。
ひょっとして、今までは「能ある鷹は爪隠し」ていたのかもしれません。
凄い犬なのかもしれません(←大げさ)。
竹山に似ているのはなんかイヤですね・・・^^

★アインママさん
賢いのでしょうか?
本当は賢い犬なのでしょうか?
ひょっとしたら天才犬なのでしょうか!?(←大げさ)

★かおりんさん
ま、台詞は飼い主の妄想ですが、これくらいの時間差があるのは事実なのです。
このちょっとばつの悪そうな甘え方が好きで、ついつい隠れてしまうんですよね。
それにしても尻中毒の後遺症からまだ抜けきれておられないようで・・・。
そりゃ、あの尻ですからねー。
私も同じ症状に陥りそうです。

★じゅんさん
この名曲をこんな風に使ってしまっていいのか、1ヶ月ほど悩みぬきましたが(←ウソ)、
あっさりと使ってしまいました。
ハルもまさか路地裏の溝に潜んでいるとは思っていないでしょうが、こんなところを暢気に覗いていると、飼い主に勝手に解釈されてブログで使用されてしまう・・・。
悲しい宿命を背負った犬なのです(←また大げさ)。

★sakuraさん
なるほど、知能遊びですか。
確かに、飼い主の気配を察する能力は高まったのかもしれません!
でも、しょっちゅう誤爆しているのは何故なのか・・・・・・。
やはり、生まれつきの鈍感力に磨きがかかっただけではないかという噂が絶えません。

★なおさん
こういう何でもないようなことで一喜一憂できるのが、楽しい犬との暮らしなのかもしれません。
私はハル以外の犬を飼ったことがないので比較しようがないのですが、
コギはステキ?というか単純?な傾向にあるものなのでしょうか?

ついに引越しされたんですね。
fc2は最近大人気だなと思っておりました。
リンク先変更しときますね。

★kaokaoさん
ボボは単に伸ばしっ放しというだけで、何の芸もない尻なのです。
それでも、今まで何度か貞操の危機を迎えたことがありました。
何の前触れもなくいきなりカットされていたらショックですよね。
その気持ち、とってもよく分かります。
でも、いよいよ手付かずの大自然毛に人の手が入りそうな予感がします・・・。

★Kさん
Kさんとこもあっさり系ですか。
もうちょっと熱烈に、という気持ちよく分かります。
ウチは顔舐めも禁止しているので、余計にやる気が出ないのかもしれません。
こればっかりは犬の性格なのかもしれませんね・・・。
Posted by Y at 2007年06月13日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。