2006年09月17日

東遊記−駐車、本能、メリーゴーラウンド−(M)

旅行が始まって以来、人間の欲(主に物欲)ばかりを優先させていたので、本日は「ハルさんデー」である。
いろいろ企画があって、それをこの日に一気に消化したものだから、人も犬もくたくたになった。
まあそれはともかく。

最初に向かった場所は萌木の村であるが、いつのまにか隣にあるともにこの森に迷い込んでいた。
もともと二人とも適当なので、とくに引き返すこともなく、とうふとかジャムとか、いろいろ見てまわる。
その間ハルさんは。

駐車中

パーキングに駐車していた。
このときは珍しく、というか初めて、待っている間キュンキュン鳴いていた。休みに入ってからずっとべったりなので、すこし甘えが出てきたのかもしれない。
嬉しさの入り混じった微妙な気持ちを抱きつつ、軽く無視する。
アイドリングは昔も今も許されていないのである。
まあ結局この場所でしかアイドリングはしなかったのだが(←それはそれで淋しい)。

ところでここにはなんとがいた。

モー

ハルさん、というかコーギーはもともと牛追い犬である。
尻尾のないプリケツも(←ハルさんはプリケツではないが)、
カミカミが大好きなのも(←ハルさんはたいして好きではないが)、
短い足も(←それはそうだ)、みんな理由があってのことなのである。と、ごりさんも言っておられる

牛と遭遇したら、ハルさんはどうするのだろう。

これは飼い主夫婦が、いつか確かめたいと思い続けてきた疑問であった。

1. 逃げたい
2. 吠えたい
3. 噛みたい
4. 遊びたい

予想としては、1.が妥当かと思われるが、やはりここは3.を期待したいところだ。
ちなみにすべて「〜たい」になっているのは、結局どれを選んでも飼い主に止められるか牛に拒否されるかで、実現不可能と思われるからである。まあそこは仕方がなかろう。

で、結果。

牛ね

牛なのね

お?結構興味アリか。と思った次の瞬間。

あれ?
でも

あれれれ?
なんか嫌かも

ということで、この位置から動かなくなった。
1.と3.の狭間で葛藤しているのだろう。たぶん。
ということで牛との出会いで本能は目覚めなかった。
このさき目覚めることも、たぶんないだろう。

その後、ようやく萌木の村に入る。入る、とはいっても入場料があるわけでないが。
牛との出会いで緊張したのか、ハルさん、暑そうだ。

人の歩き方もヘン

さて、萌木の村にもやはり色々なショップがあるのだが、ここのイチオシはなんといってもメリーゴーラウンド
森のなかにぽつんとたたずむメリーゴーラウンドは、なかなかに素敵な雰囲気である。

森のメリーゴーラウンド

メリーゴーラウンドをじっくり見るなんて、一体何年ぶりだろう。
というか、こんな動物いたっけか?

熊猫?

これは熊だろうか、それともすごく毛深い猫だろうかとメリーゴーラウンドの前で思い悩んでいると、係員さんがやってきた。

「乗ってみませんか?そちらのワンちゃんも一緒に乗れますよ?」

びっくりして入り口の掲示板を見ると、なんとあのソレイユの飼い主、川原亜矢子さんがパグと一緒にダチョウ(←これも乗り物のひとつ)に跨って微笑む写真が。
いくらおりこうとはいえ、さすがにソレイユ(ゴールデンレトリバー)とは一緒に乗れなかったようだ。
しかし川原さんが乗っているならワタクシだって乗らねばなるまい。
というわけで、乗ってみた。もちろんダチョウで。

メルヒェン

都合上、人の顔を隠してはいるが、

「素晴らしい笑顔だったよ!ふたりとも!!……プピッ」

とあとで夫が肩を震わせながら褒めてくれた。
褒めてくれたのは嬉しいが、回転が始まった当初はとにかくタイヘン恥ずかしかった。
夫は写真を撮りながら、ひたすら笑いを堪えていたようだ。ダチョウの上からでもカメラを持つ手が震えているのがハッキリ見えた。
4回転ほどした頃に、オバサマの団体客が通りかかった。このときはもうヤケクソになっていたので、激しく愛想を振りまいてみた。ちなみに上の写真はそのとき撮影されたものである。
そのおかげで(?)次の回はオバサマでメリーゴーラウンドが満員になった。
もちろんオバサマたちが廻っている間は、地上でハルさんとオバサマ方に向けて手を振っていた。なんとなく責任を感じたからだ。

最後は萌木の村のパンフレットを模して記念撮影して、次の目的地へ向かう。

萌木の村のコギ

****************************************

ハルさん第一の試練「牛との遭遇」、第二の試練「メリーゴーラウンド」が終了しました。
この日の試練はまだまだ続きますが、とりあえずハルさんにおつかれさまのテチをお願いします〜。
にほんブログ村 犬ブログへ


posted by 飼い主YとM at 00:54| 兵庫 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 犬連れ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
ソレイユのCM、イイですよね〜!
私も大好きです!
でもハルさんもソレイユに負けないくらい素敵よ!
それにしても、嗚呼…メリーゴーラウンドに乗る、2人の素晴らしい笑顔…是非見たかったです(笑)
Posted by kana2151 at 2006年09月17日 12:33
 あ〜、あの子「ソレイユ」っていうのか〜。私も、あのCM好きですよ。色々シリーズ化してるし、何よりタレント犬では出せない、飼い主との信頼関係を強く感じられるもんね〜。

 牛とは・・・少しは「追う」姿勢を見たかったね〜。やはりペットとして生まれた子は、牛追い犬としての血が薄れてんのかな?
 欲を言えば・・・柵の中に放り込んで、どんな行動を取るか見たいけど・・・パニックになりそうだねw

 しかし、試練はまだまだ続くのか〜、だから帰宅後は、あんなに爆睡してたのね・・・最後の画像、なんか老けた気がw
Posted by Z・コーギー at 2006年09月17日 22:26
ごりさん家の凛ちゃんに続き、はるさんも牛に遭遇ですか〜!!
微妙な距離が心情を物語ってますね。
うちのリリィはどんな反応するんだろう〜。
明日にでも牛に会わせたくなりました。(笑)

メリーゴーランド。
お友達も清里に旅行に行ったときにこのメリーゴーランドに乗ってきましたよ!
その話を聞いたときにも何故かテンションがあがった私。
きっとMさんのような恥じらいを持つことなく
オバチャンたちに手を振り続けるような気がします・・。

それにしても・・・ソレイユ。
さっぱり思い出せないです。
初老だからかもしれません・・・。(涙)
Posted by キチさん。 at 2006年09月17日 23:59
初めまして♪
もう何ヶ月も毎日拝見しているハルさんファンですが、
コメント初めてです。
清里・小淵沢コースということで、あまりの懐かしさに我慢できず、
書き込みしてしまいました。
私は山梨出身で、高校は小淵沢のひとつ手前の駅、
今回お二人+ハルさんがいらっしゃった場所はだいたい行ったことがあります。
でも、もう何年も前なので、萌木の村もリゾナーレも、
変わっているんでしょうね。
また行きたくなりました。
ハルさん、牛を追わなかったんですね(笑)
甲信越の避暑地はいかがでしたか??
お気に召したら幸いです。

ハルさんはソレイユに全然負けてませんよ!
ナイスコギです。私は大好きです☆
Posted by ぴょんこ at 2006年09月18日 00:05
 紹介していただいてありがとうございます。
それにしても牛続きでびっくりしました(別に
ハルくん所が続いているわけじゃないですけど)
 写真の様子を見ると、歓迎しているわけでは
なさそうですねー。
 なんとも複雑そうです。

 私は今度清里の小須田牧場にヤギに合わせに
凛を連れて行くつもりです。リアクションが
見たくてw
 ヤギに体当たりされた子もいるらしいので
気をつけなくちゃ。

 それにしてもメリーゴーランドの動物・・・
妖怪か?
Posted by ごり at 2006年09月18日 09:29
東遊記(の連載?w)が全編終わるまで
ひたすらコソーリ拝見するつもりでおりましたが・・

ハルさん&Mさんの笑顔にヤラレました(≧∀≦)
(Mさんの笑顔は妄想にてバッチリです)

メリーゴーラウンドの動物達はまるで召喚獣みたいですねぇ☆
森の中のメリーゴーラウンドって夜は特に幻想的かも♪

私は最近見たメリーゴーラウンドはイオンの玩具コーナーです〜(汗)

ハルさんと牛くんとのビミョーな距離に(* ̄m ̄)プピですた

・・・・・清里・・もう何年も行ってませんです(遠い目)
Posted by レナ at 2006年09月18日 14:47
はじめまして!

昨日偶然このブログを見つけて、ハルさんかわいいな〜うちのコギの桜ににてるな〜表情やしぐさまで〜(我ながら親バカならぬ桜バカか?)と拝見させて頂きました。

がっ!誕生日が桜と同じではないか!!ハルさんはもしかして・・・

さらに経緯を知るために貪るように読みすすめると、ブリーダーさんが・・・!父親(レッド)が・・・!一緒で!!!そして、
・・・母親(ジルバ)が・・・???

そう、母親がジルバではないんです。村本さんにはグリーンと聞いていて。

血統証を調べれば分かりますが、もしかしたら、ハルさんは桜の生き別れのお姉さん・・・
アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
Posted by ina at 2006年09月18日 23:28
■■kana2151さん
ソレイユ、いいですよね〜。
初めて見たときはまだハルさんを飼ったばかりで、
川原さんにどーやってしつけたのか手紙を書きたいと思うほどでした。
笑顔は……相当ヤバイので想像でお願いします……。

■■Z・コーギーさん
シリーズ化してるんですか〜それは知らなかった。
確かにあのCMはホントいい感じですもんね。
柵の中に入れたい気持ちはもちろんありました。
でもまあきっとまっしぐらに逃げ帰ってきたことでしょうね。
最後の画像へのコメント、なかなか鋭いですね〜。
実はハルさん、このとき既にけっこう消耗しています……(でも試練はまだまだ続きます)。

■■キチさん。
ええ、リリィさんもぜひ。
コギ族の威信をかけて、なんとしても牛をギャフンと言わせてやってください!
しかし、リリィさんは別嬪さんだから、きっとメリーゴーラウンドも似合いそうです。
思いのほか長い時間回っているので、お気をつけください〜。

■■ぴょんこさん
こんばんわ。はじめまして〜。
コメント&「ナイスコギ」ありがとうございます!
清里・小淵沢、本当にいいところですよね。
もう少し近かったら間違いなく通いつめていると思います。
あと数回、清里編が続くと思うので、もう少しお付き合いください〜。

■■ごりさん
この記事を書く前にごりさんの記事を読んでいて、
「あっ!かぶった!!」
とドキドキしておりました。
なんだか動きまで一緒で。ハルさん一体何を思っていたんでしょうかね〜。
次はヤギですか〜。
だんだん小さくなってきているから、案外今度は凛ちゃんイケるかもしれませんね〜。
またレポート楽しみにしています!

■■レナさん
こんばんわ。はじめまして〜。
コメント&笑顔の妄想ありがとうございます!
鈴木京香あたりを想像していただけるとだいたい合っているんじゃないかと(←激ウソ)
メリーゴーラウンドって馬だけだと思っていました。
あってせいぜいかぼちゃの馬車くらいで。
こちらのメリーゴーラウンドは、実にバラエティに富んでいてびっくりです。
でもダチョウは背中が広くて乗りやすかったですよ〜。

■■inaさん
はじめまして。
コメントありがとうございます……ってええええええ!!
す、すみません。ついコーフンしてしまいました。
パパが一緒なんですから、間違いなく姉妹ですね!ね!(←まだコーフンしている)
そういえば初めてハルさんに出会ったとき、
行き先の決まった同じ年の女の子が一匹いましたが……(ドキドキ)。
しかしレッド父さんたら……ジルバ母さんの他にもオンナがいたのね。
昼の帯ドラでありそうな設定だわー。
桜ちゃん、よかったら写真とかお送りください。
ぜひぜひ桜ちゃんのお顔が見たいです〜。

※inaさんのコメントの後ろの空白、消させてもらいました。
 投稿時間が違っているのはそのせいです。事後報告ですみません……。
Posted by 飼い主M at 2006年09月18日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック