2008年02月01日

理性と本能(Y)

一ヶ月後の試練

ハルさんの2008年は、飼い主の「放置オヤツトラップ」にまんまとひっかかり、こっぴどく叱られて幕を開けることとなった。(←過去記事参照

そして今日は、ハルさんが新年「初」叱りを受けた日からちょうど1ヶ月後である。
ハルさんがいったいどれほど深く反省しているのかを試すのには、丁度いい頃合だ。

ふとそんな風に思いついた飼い主の手により、リビングの床にハルさんの大好きなオヤツである、リン君の飼い主さん手作りのクッキーがセットされた。

トラップ再び

「第二回オヤツトラップ大会」が開催されたのである。

しばらくするとテチテチと暢気な足音が聞こえてきた。
別部屋に誘導されていたハルさんがリビングに帰ってきたのだ。

飼い主は期待と不安の入り混じった眼差しをハルさんに注いでいた。
正直なところ、不安感より期待感のほうが勝っていたことは否めない。
元旦にあれほどきつく叱っておいたのだ。
聞き分けがいいのが取り得だと(飼い主が勝手に思っている)ハルさんが、同じ過ちを再び繰り返すはずなんてないと。

だが。

そんな飼い主の期待感や信頼感は、音速のスピードで粉々に打ち砕かれた。
ハルさんは、足元に落ちているクッキーを見止めるなり、

「あら、こんなところにオヤツが。これはいいわね」

と、デパ地下の試供品をパクつくような手軽さで食いついたのである。

思いもよらぬ愛犬の裏切り行為に、飼い主は慌ててしまう。

「あ!・・・・・コラー!」

と、何とも気の抜けた叱責の声しか出てこない。
(陣内智則がネタをするときの「コラー!」みたいな感じで)

けれども、こんな気の抜けた叱り声でも、ハルさんはただならぬ雰囲気を感じ取ったようであった。

いったんは口内に収めたクッキーをペッ!と吐き出し、一目散に聖域であるケージ内に逃げ込む。
今になって、元旦の悪夢が脳内に蘇ったのだろうか。
ハウスの中に引きこもったきり、出てこようとしない。

ハルさんが恐る恐るケージ内から出てきたのは、およそ30分ほど経過した後のことであった。
ちなみに、ハルさんが吐き出したクッキーはそのままの姿で放置してある。
けれど、ハルさんはクッキーに目を合わせようともしない。
いや、クッキーに近づくことすら出来ないようだ。
理性と本能の狭間でもがき苦しむコーギーの姿がそこにはあった。

けれど、希代の裏切り者ハルさんの試練がこれで終わったわけではなかった。

まだ続くんですか・・・?

ハルさんを置いて飼い主二人は買い物に出かけてみたのだ。
ちょうど、買っておかなければならないものがあったし、飼い主の留守中にハルさんがどのような行動に出るのか、試してみたくなったのだ。

30分ほどの時間を買い物に費やし、家に帰る。
帰路、ハルがクッキーを食べているかいないかについて、飼い主同士で会話を交わすが、その時間は本当に僅かだった。

「ハル、クッキー食べてるやろか?」
「そりゃ、食べてるやろ」
「せやなー」
「そうそう」

今や、ハルさんの評価は地に落ちていた。
けれど、飼い主たちがほんの僅か、カゲロウの羽音のように微かな期待を抱いていたことも否定できない。

果たしてハルさんは玄関で飼い主の帰りを待っていてくれた。

足元にまとわりつくハルさんを引き連れ、ほんの少しだけ高まる動悸を感じながら、リビングへと入る。

そこは、私たちが出て行ったときのままだった。

観葉植物のウンベラータが存在を誇示するように大きな葉を伸ばし、加湿器は熟練した職人のように黙々と水蒸気を部屋中に送り出している。

加湿器の手前に目をやると、そこには、クッキーが落ちていた。

奇跡のクッキー

クッキーもまた、私たちが出て行ったときと全く同じ姿で床に横たわっていた。

こうして、世紀のヒール(悪役)からヒーローへと華麗なる転身を遂げたハルさんには、飼い主の手から数々のオヤツがプレゼントされたのである。

もちろん、トラップ用のオヤツとは別物です

****************************************

3歳を目前にしたこの日、最後に奇跡の逆転劇を演じたハルさんに祝福のクリックをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ

けれどハルさん、まだまだ修行が足りません。次回のトラップ大会では完璧な結果が出せるよう、こちらにもクリックお願いします。
banner2.gif


posted by 飼い主YとM at 23:57| 兵庫 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。