2007年10月14日

マット(M)

かなり以前、ご近所のダックスフント、リン君宅にお呼ばれしてお茶をごちそうになってきたのだが、そのときのハルさんのあまりのヨダレ量を不憫に思ってくれたのか(←そこだけは大型犬並)、奥様からカフェマットなるものを頂いた。

カフェマット……それはつまりオサレなカフェで"小型犬"が座るもの。
大型犬級のヨダレと体毛を撒き散らす中型犬には恐れ多いアイテムである。
(いやむしろそういう撒き散らし系のワンコにこそ必要か)

よだれかけも必要かもしれません

頂いたカフェマットは、パッケージを開ける瞬間「シェー」と声が出てしまうほどにオサレであった。
広げてみる。すると、なんとリバーシブルであった。驚きと感動で、再び「シェー」という声が出る。

実はこのおもちゃもリン君のところから貰ったものです

表のボーダーはアクティブで素敵だが、ウラもゴージャスな毛仕様である。
しかもボーダー側には「HAL」のタグがついている。なんて素敵なのか嗚呼。

IBMの一歩先を行くのです

そんなわけで、近頃毎日ハルさんに「マット」コマンドを仕込んでいる。
オサレなカフェに行ってサッとマットを広げ、「ハル?マット」という声とともにハルさんが優雅にマットに腰を下ろす姿を想像すると、
仕込みにも力が入る。
しかしハルさんはまだ「マット」コマンドがどういうものだかよく飲み込んでいないようだ。

新しいベッドですか?

「クッション」に比べて、床との境界があいまいであることが原因と思われる。
なので今はとにかくマット上にいるといいことがある、ということを理解してもらうよう努めている。
そのためにオヤツをマットの上において「ヨシ」を言うのだが、待っている間ものむ食べる間も際限なくヨダレが出るので、マットが汚れて毎回少し悲しい思いをする。
ヨダレを受け止めるためのマットではあるが、こういう使い方はどうにも忍びない。なんだか本末転倒なのであった。

すやすや・・・・・・

****************************************

カフェマットなんていうオサレグッズを手に入れたハルさんに祝福のテチを。
にほんブログ村 犬ブログへ

家庭内の練習だけでマットが使い物にならなくなった・・・・・・、なんてことにならないよう、こちらにもクリックお願いします。
banner2.gif


posted by 飼い主YとM at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする