2007年03月24日

春分のコギ祭り(Y)

春分の日、ヅカに来ていたのは、初対面からライバル宣言のちびコギななちゃんだけではなかった。

ななちゃんと揉めているハルさんの姿を見つけた、「コーギ犬日記[太巻き]」さんご一行に声をかけていただく。

太巻きさんからの入場者は、別嬪コギの初花ちゃんと、

コギ族短足系(←コギ飼いにしか分からない)

疑惑の若干6ヶ月、輝己君である。

コギ族天然素材

初花ちゃんは、あまり他の犬に興味がないようで、ハルさんとの絡みは殆どなかった。

ハルさんとニアミス

しかし、数多くの犬が走り回るドッグラン内を、トラブルに巻き込まれずに、淡々と、臆することなく歩き回る姿には貫禄のようなものを感じた。
初花ちゃん、ある種の天才かもしれない。

一方の輝己君。
近頃、太巻きさん一家にやってきた年齢詐称疑惑のデカコギ君も、天与の才を持っていた。
そう、ドMの才能を(←そんなのあるのか?)。

そんな輝己君、前足をダランと垂れ下げたままななちゃんに立ち向かい、

手を出せ、出すんだ!テルキ!!

ものの見事にやられる。(やられにいったともいう)

ああ、やはりか

今度は気を取り直してハルさんに絡むが、

ハルさんならやれるはず!

ハルさんにすら狩られる始末であった。

あのハルさんに狩られるなんて・・・・・・どうなっている?

さらには、大型犬の群れに追われる輝己君。

ドMの星だ

ここまでやられ続ける犬というのも本当に珍しい。
けれど、本犬は怯えるわけでもなく、怒るわけでもなく、至って飄々と自分の身に降りかかる出来事を受け流していた。
私達の足元でもゴロンと寝転がってくれたので、ワシワシと撫でまくったのだけれど、案の定なされるがままであった。

なんと無防備な

これほど天然系の犬を今までに見たのは初めてである。
将来が楽しみで仕方がない。

他にもミミちゃんとハナちゃんがいたりと、コギだらけのドッグラン内であったが、ハルさんは殆どの時間をななちゃんと暴走することに費やしていた。

後半に入り表情にも余裕が

時には飼い主にインリン指令を下されながら。

ななちゃんに見せつける

そんな中、遅れてきた大物、クース君が現れる。

クース君と初花ちゃんのツーショット

この日のハルさんは、ハルさんなりに結構ハッスルしていたと思うのだが、やはり、難波のアグー、クース君には敵わない。

この日、最初にハルさんと遊んでくれた幼犬と秀逸な表情で絡み、

さすが!!

宙に跳ね上げるその勇姿に、改めてクース君の偉大さを噛み締めたハル飼い主であった。

実際は動きがスローでユーモラスなのです

いや、クース君は本当に遊び上手だ。

****************************************

予定を変更してドッグランへ行ったおかげで色んなコギさん達に会えて楽しかったです。
飼い主のみならず、コギ祭りを楽しんだハルさんに、よかったなのクリックをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログへ

そして、ヅカへ来てくれたコギさん達への感謝を込めて、こちらもテチッとクリックお願いします。

banner2.gif


posted by 飼い主YとM at 22:51| 兵庫 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ハル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする