2007年03月08日

最近の若手(Y)

昔は「(自称)ヅカの暴走王」と呼ばれたこともあった(自称だから呼ばれていないが)、我らがハルさんである。
現在、ハルさんは2歳になったところなので、犬としてはまだまだ若手なのだけれど、最近、ドッグランに行く度に、ハルさんの存在感が薄れているような気がする飼い主なのである。

「いやー、私らもね。若手若手言われてますけど、もうええ年ですからねー」

と、お立ち台に出てくる、もう少しで中堅と言われそうな売れない漫才師のようになりつつある気がして怖いのだ。

飼い主がこうした危機感(←何の?)を感じるのは、ハルさんがあまり走らなくなったのに加えて、最近の若手の勢いが凄いためである。

例えばこのコンビ。

登場に勢いを感じる

「柴でーす」
「ヨーキーデース。オレ、アルゼンチン出身ヤネン」
「へー、ヨーキーのおじいさん、何してたっけ」
「羊泥棒」


と、ジパング上陸作戦(←マイナーですみません)を彷彿とさせる異色コンビである。

もちろん、異色なだけでは、このドッグランという厳しい世界は渡っていけるはずもない。
この二匹、若いのに芸達者なのである。

ショートコント!俺たちの絆!!

「僕ら合体できるんですよ」
「和洋折衷、なんて言うたりしてね」
「どないですか、僕らの芸」


とでも言わんばかりに、先輩芸人のハルさんに迫ってきた。
ドッグランの下克上はもう始まっているのである。

さむいわよっ!!

あまりの馬鹿馬鹿しさ迫力に思わず逃げ出すハル姉さんであったが。

先輩タジタジ

「ちょっと姉さん。僕らの芸、どないでした」
「逃げんといてくださいよ」
「感想聞かしてほしいんですわ」


と先輩を追い詰めるコンビ「柴ゼンチン」である。(←ただいま命名)
最近の若手のなんと強気なことか。

さらに、

「姉さん、これでビビッとったらあきませんよ」
「僕ら大型犬の股下でも合体できるんですから」


もうグダグダ

と、さらに過酷な条件下での芸を披露する「柴ゼンチン」の姿に、大型犬が苦手なハルさんも興味深々だったようだが・・・・・・。

ちょっと、姉さん、見てますか!?

あまりにしつこい「合体芸」の繰り返しに飽きてしまったのであった。

****************************************

最後の写真、ハルさんは余裕かました表情をしていますが、実際のところ、若手の追い上げは激しいです。勢いを感じます。
このままパッとしないグルメレポーターへの道を歩んでいきそうなハルさんに救いのテチをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ


posted by 飼い主YとM at 21:53| 兵庫 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | ハル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする