2006年04月19日

ウナギ犬(M)

ウチはペット可のマンションだが、共有部(廊下やホール)は犬を歩かせてはいけないことになっている。
ウチは5階にあるので、散歩に行くときはハルさん(9キロ)を抱えてエレベータに乗り、外まで行かなくてはならない。結構タイヘンだ。

ところでハルさんはエレベータに乗るとなぜかひどく凹む。
全身から力が抜け、体はグンニャリ耳はシオシオ。淀んだ目はどこでもない空間を見ている。
まるで浜辺に打ち上げられたウナギ(大)を抱いている心持になる。
重い上に長いので、たいへん抱きにくい。
首だけでも持ち上げておいてくれると助かるのだが。

凹むハルさん.JPG

そんなトホホな姿なので、エレベータに乗り合わせた人から

……病気ですか?

と不審そうな目で尋ねられたこともある。
なんか飼い主が虐待しているみたいでいたたまれなかった。

もちろんマンション外へ出ると、すぐにゴキゲンな顔になって駆け回る。
実はたいして凹んでいないような気がする。
抱っこのときどこかヘンなツボでも押しているのだろうか。

ゴキゲンハルさん
ゴキゲン.JPG
posted by 飼い主YとM at 23:42| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする