2006年04月18日

痛恨のミス(Y)

日曜日は、丸一日かけて色んなところへ行ったのだが、デジカメに充電池を入れ忘れるという、初歩的な失態を犯してしまったがく〜(落胆した顔)

結局、写真らしきものは、携帯で撮ったこの一枚のみ。
りんくうのアウトレットでたたずむハルさん
りんくう.JPG

どうもここは行くたびに人が増えているような気がするが、その人波の中、ハルさんは「あーかわいい」「きゃーかわいい」とあちこちで視線を送られ、撫でられ、もう大変であった。
Mは芸能人のマネージャーになった気分と言っていたが、なかなか的を得た感想ではないかと思う。

そんな状況でもしっかりと買い物を済ませ、次に向かったのはホワイトロートスというドッグラン。
あいにく、時間が遅かったので閉まっていたが、ショップは空いていたのでぶらぶら見てまわる。

ここで売られている犬達はハルさんに対して吠えなかった。
こういうのは結構、というか、かなり珍しい気がする。

ドッグランは小型犬エリアと大・中型犬エリアに分けられており、広さはそれほどでもなかったが、飼い主にとっては安心できるのではないだろうか。
時間があれば、また行ってみたいところだ。

次に、お腹がすいてきたので、リン君のブログで紹介されているタバサというドッグレストランへ向かうことにした。
初めて行ったのだが、かなり、おされである。
犬も入っていいんですか?と念を押したくなるくらい、クールで素敵な雰囲気の店であった。

ドッグランは、正直、暴走海獣王にとっては狭すぎる気がするが、小型犬にとっては丁度いいのかもしれない。

食事後、会員の入会手続きをしようと2階へ上がったところ、一匹のボーダーコリーがいた。
ショップの看板犬、インディちゃん、3歳の♂である。

スレンダーで男前のインディちゃん。普段、ボーダーコリーサイズはあまり得意でないハルさんだが、インディちゃんを気に入ったのか、この日は果敢にアタック!!

それに対し、インディちゃんは猫パンチで応酬。
リーチでは圧倒的に不利なハルさんは、矢継ぎ早に繰り出されるパンチの雨嵐をくらい、なす術なし。
結局、インディちゃんに一撃も与えられずに、ごろごろと自ら床をのた打ち回り、降参するハルさん。

ああ・・・・・・写真が撮れないのが口惜しい。

それにしても、インディちゃんはさすがに看板犬、とても穏やかないい犬であった。

ハルさんは・・・・・・パンチドランカー?
いやいや、ただのキッチンドランカーだな。

台所で獲物を待つ海獣.JPG

posted by 飼い主YとM at 01:21| 兵庫 | Comment(4) | TrackBack(1) | ハル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする